トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口五郎 新曲

野口五郎に久々の新曲が出るらしい。 タイトルは聞いたけど忘れた^^ また調べてお知らせしよう。 でもなんか「郷ひろみかい!」と突っ込みを入れたくなるようなタイトルだった。 

 とりあえず久しぶりに作った初音ミクの「針葉樹」を聞いておくれ。 しかし、針葉樹、名曲ですね~。 こういう曲は現代じゃ作れませんな。 それではどうぞ。

 



スポンサーサイト

初音ミクが歌う TVの国からキラキラ  松本伊代

先日のカラオケ大会で友人ジュリー師匠は80年代アイドルも好きな事が判った。 特に岩崎良美や松本伊代、河合奈保子などお気に入りのようだ。 ワシは70年代が好きなのであまり注目していなかったが改めて聞くとなかなか名曲揃いだ。 80年代に入って、たのきんを筆頭に歌唱力も地に落ちた感じがしたが岩崎良美や河合奈保子など実力派もいる。しかし、ひかる一平や伊藤つかさ、などのインパクトが強すぎて80年代=下手というイメージで見てきてしまった。 んで松本伊代だがデビューからリアルタイムで見てきたが歌が上手いと思った事は微塵もなかった。ビブラートも無いし、コミカルな歌詞も相まって色物的な見方をしてきた。

 しかし、じっくり聞いてみるとこの曲には松本伊代の歌い方がベストではないかとだんだんと思い始めてきた。
最近、TVで「カラオケバトル」なる物がやっていて、松本伊代とお笑いのモエヤンの一人が「センチメンタル・ジャーニー」を歌い点数を競うという番組をやっていた。 モエヤンの一人は歌手を目指していた程で実際聞いてみるととても上手いのだ。「ああ、センチメンタル・ジャーニーって本当はこういう曲だったのかな」と思わされるくらい上手かった。「こりゃ松本伊代より遥かに上手いな・・」 と思った。

 そして本家、松本伊代が歌い始めた。流石に勝負が見えた感じで気の毒だと思ったが歌い始めて あれっ?と思った。 歌の実力では断然モエヤンの方が上手いのだが、松本伊代が歌うと「あれ? やっぱり本家だな」と妙に感心してしまった。 長年、耳馴染みだったせいもあるだろうが、やぱりシックリ来るというか安心したのだ。やはり売れる歌手というのは上手いだけじゃ無く売れる何かを持っているという事なんだろうなあと感じたのだった。

 これは同番組で対決していた にしきのあきら と半田健人にも同じ事が言える。 昭和歌謡マニアの半田健人はワシも好きな芸能人なのだが「空に太陽がある限り」で歌った彼は確かに上手いのだが「売れる曲にはなってないな」と感じたのだ。 にしきのあきらが歌った曲はたしかに「ヒット曲」だった。 そんな訳で松本伊代の意外な実力を感じたのであった。まあこれは昭和歌謡の神 筒美京平の作曲があってこその話しだが。ほんと筒美サウンドは恐ろしい限りだ。彼が居なかったら昭和歌謡はどうなっていただろうか・・・・


 それに感心したので初音ミクに歌わせたのだ。 間奏のほんの短いセリフにすんごく苦労したのだった。ではどうぞ~

 

遂に完成。 初音ミクの エグザイル?

今まで70年代歌謡しか作らなかったのに。 しかし約束だから仕方無い。 つる子さんよ、心して聞いておくんなまし。 

 ところで初めてエグイサル・・ の曲を通して聴いたのだが、現代の曲と昭和歌謡がいかに次元の違うものかうっすらと判ってきた。 

 まずはタイトル。 現代の曲はほとんどが、歌手名も曲名も横文字だ。 これは昭和のオヤジには辛いものだ。ぱっと読めない。 タイトルか歌手か区別がつかない。 昭和歌謡、グループサウンズなら英語でもカタカナ表示なので安心して読めるのだが、現代では容赦なく英単語、英文だ。 英語のテストが14点だったワシに読めるはずも無い。 ワシの好みの歌謡曲は出来るだけ英語が入らない、日本語のよさが滲み出ているものだ。 だから現代の曲を聴くという事は殆ど無い。

 次に歌詞の膨大さ。 昭和歌謡に比べて歌詞の文字数がやたらと多い。 昭和歌謡の歌詞が文学的、抽象的であるとすれば 現代曲は説明文、一から十まで説明してしまうという点である。 昭和歌謡は、別れの場面、人物、状況が短い言葉の中に歌われ、決して話を完結させない。 聞く人によって歌の内容、理解度が違ってくるのだ。 それが昭和歌謡の素晴らしさである。 現代の曲はメッセージソングという感じで聞き手が皆、ほぼ同じ解釈で完結してしまうのではないかという感想だ。

 今回は、聞いて見て作りやすそうだった「Carry on」 という曲にチャレンジした。 でもやっぱり昭和歌謡の方が好きだわ、わしゃあ!


野口五郎シリーズ 第二弾  グッドラック

ますます五郎ブームに拍車がかかって来た訳だが(お前だけな)  今回は1978年発売の「グッドラック」を聞いてもらおう。 筒美京平の洗練された軽快なメロディに山川 啓介のドラマチックな歌詞が相まって別れの歌でありながら爽やかささえ感じさせる名作である。 これに五郎ビブラートが加われば鬼に金棒だ。!? 初音ミクさんに歌って頂きます! どうぞ!

野口五郎の曲を聴こう  むさし野詩人

今 なぜか野口五郎ブームが日本中を席捲しているが(お前だけだ) いかに五郎の曲が名曲か検証しよう。 1977年発売 「むさし野詩人」 歌いますは初音ミクさん、どうぞ~
 

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。