トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八百長といえば

大相撲の八百長問題が大騒ぎだがなんだかプロレスと似てるなあと思った。 それこそプロレス=八百長という図式が伝統的にあるが、現在はどうなんだろう?

アメリカのWWFという団体はもう随分前に完全カミングアウトし、自叙伝的映画で勝敗の打ち合わせから何もかも公開している。 思い切った事をしたもんだ。 アメリカン・プロレスはもともとショーアップされた雰囲気なのでカミングアウトも違和感はあまりないだろう。

しかし日本のプロレスではそうもいかない。未だにカミングアウトもしていない。現在のプロレスは全く見てないのでどういう雰囲気か判らないが観客も大人な見方をしている事だろう。 ワシが子供の時は完全に子供の見方をしていた^^

 特に新日本プロレスはストロングスタイルを売りにして真剣勝負という雰囲気を出していた。 ファンも物凄く融通の利かないタイプが多く全日本と比べられちゃ困るといったプロレスマニアが多く居た。 ワシも当時は恥ずかしい程真剣にプロレスを見ていた。 プロレスが八百長だと言われるととんでもなく腹が立ったものだ。 新日ファンだったので長州が全日本に移り、タッグのベルトを取った時は喜びの雄たけびを上げた(恥ずかしいわ)

当時、親戚の少し裏社会を生きてきた叔父さんに「プロレスって打ち合わせしてるんだよ」とさも当たり前の様に言われたが聞く耳は持っていなかった(若かった) しかし、だんだんとその実態を疑い始め、プロレス人気も陰りが見えた頃、猪木の不甲斐なさと共にプロレスに裏切られたと言う気持ちになった(ホント、ケツが青いぜ)

 猪木が梶原一騎に監禁された事件があったが、何であれ程強豪を倒してきた猪木が作家に脅されて大人しくしているのか疑問だったが^^ その事件で、レスラーよりヤ〇ザが強いと実感してしまうのだった。


そんなワシの恥ずかしいプロレス人生の道程を(童貞ではない)説明しよう。


 1 初代タイガーマスクをきっかけにプロレスにはまる。 エル・カネックに苦戦するタイガーを見て真剣に心配する

 2 プロレス会場に観戦に行くようになる。もちろん真剣勝負として観戦。 

 3 タイガー引退。 一番の目的を失う。 相次ぐ新日レスラー離脱。 新日にも失望する。

 4 前田率いるUWF軍団参入でより真剣勝負を実感。ますます会場の雰囲気は悪くなる。

 5 猪木八百長暴露本を読み、プロレスに不信感を持つ。 

 6 新日が嫌いになり全日や、女子プロを見始める

 7 グレイシー襲来。 高田があっけなくヒクソンに破れプロレス最弱説が流れる

 8 桜庭の活躍によりプロレスから脱却、総合格闘技にはまる

 9 総合こそ、桜庭こそ最強だと我を忘れる。 アンチヒクソンに。 一転、プロレスを馬鹿にするようになる。

 10 自分がそうだった事も棚に上げ プロレスを真剣勝負だと見ているファンを「青いぜ」と馬鹿にする

 11 自分はプロレスの裏側を知っているがエンターテイメントとして楽しく見てるぜと思い込ませる

 12 結局、プロレスを真剣勝負だとして見ていた時が一番楽しく幸せだったと気付かされる

 
 やっぱり大人のふりをしていても 真剣勝負(そう思わせる程の戦い)が一番面白かった。  

スポンサーサイト

AKB指原の番組内で金集め だって

ワシがAKBの記事を書くとは世も末だ。AKBのなんだかっつ~人の出てるTVで携帯サイトでの投票が集まらなければ番組打ち切りっていう企画らしいんだが、そのサイトが有料でファンから不満が出てるとの事。 なんというかゲスな企画だ。 さすがのファンも自分が只の金集めの道具という事に気が付いたのか?(ひでえなおい!)

 と思ったらあっという間に3万票超だってよ。AKBのファン、目を覚ましてください・・

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。