トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

車買い取り専門店 

もうそろそろ車を買い換えようと思った。 税金や車検代を考えると軽がいいと思い今の8人乗りを(なぜかこういう型の車をハイエースって言ってしまうのは古い人間だからでしょうか?) 売ろうと思い査定してもらった。最近やたらと目にする買い取り業者でTVやラジオでは「こんなに高く買ってくれるの?」みたいなワザとらしい演出が盛んだが実際はどうだろうか。 ちょっとは期待してみた。

 なんせ我が家の車は初回登録から12年が経ち11万キロを走ったおじいさんだ。 自分でも金額になるのか不安だった。 車屋のあんちゃんが来て色々説明してくれた。 実に理路整然としたキッチリした人だったがあんまり好きなタイプの人では無かった(あくまで個人的に^^) 

 こっちとしては幾らくらいになるべな~みたいな気持ちなのだが向こうは「今月中に手放すという事をハッキリ言ってもらわないと金額が出せない」らしい。 しかしこちらは金額を聞かないと手放すとは言えないっちゅうもんで困った。 でも手放すと宣言して金額を出して貰い断ることが出来るそうで(当たり前だが) 結局、言葉のあやだけで何が違うのかよ~判らんかった。 断ってもいいんだから「手放すから金額教えてくれ」と言った。 もうここら辺のくだりで疲れてきた。


 「金額は安いかもしれないので覚悟してください」と言われた。 なんでそんな上から目線で言われるのか釈然としないが喧嘩するほど気力もないのでハイハイと答えた。 向こうが携帯で何やら相談した後「結果が出ました!」と言った。ワシはTVの様に「おお~すご~い!」と言う準備をしていた。 そして彼はキッパリ言った。

  「一万5千円です!!!」  


 ワシは2階から土中に潜り込むくらいにズッコケた! 一言「売らんわ!」と突っ込みを入れた。 「みんなで回転寿し行ったら無くなるわ!」と言ったら「いいじゃないですか、皆さんでお寿司行ってくださいよ」とぬかした。 そんなもん喉通らんわ!  お引き取り願った・・・・・・・・・


 その後、次男が「車屋さんクス玉持ってきた?」と恐ろしくアホな事を言うので「1万五千円でクス玉割られたら殺意芽生えるわい!」と言っておいた。 変な一日。
スポンサーサイト

遂にコタツ導入!

最近ろくな事が無かった我が家に吉報! こたつを買ったのだ。 これでブルブル震えていた毎日とおさらばじゃ! 毎晩など室温10℃くらいだったので寒くて寝巻も着たくない寒さで靴下も脱げない。 ホームセンターに行ってみたら4980円だったので金が無いワシもこれなら買えるかな?と奮発したのだ。 息子2人とスイッチを入れ中に入った。 「こりゃいい!」とみんな笑顔になった。 最高に幸せな気分だ。 今時、コタツでこれだけ幸せになるのは我が家くらいかも知れない^^ しかし、本当に幸せなのだ。 3人で寒さを乗り越え耐えて来たからこそコタツを分かち合う幸せが味わえたのだ。 これこそが幸せの本質なのだ。 今までは節約も何もせず、暖かいのが当たり前と思って生きてきたので幸せなど微塵も感じなかった。 

 さらに今月は電気代節約のおかげで前月の約1/4の電気料金で済んだのだ。 まあ、寒くてあんまり家に居なかったからでもあるんだけど^^ これからも節約生活を楽しむぞ!

50代教師 競艇場で通信簿記入

中学校の教師が競艇を観戦しながら通信簿に記入していたというニュースがあった。 私は驚いた。 なんという事だ! 私はとんでもなく衝撃を受けた。 これが事実なら大変な出来事である。 3月10日の事だと言う。

50代の男性と言えば仕事でも家庭でも大変つらい時期である。ましてやこのご時世、男には生きにくい世の中である。 であるからして休日に息抜きにボート観戦なんてのは最高の息抜きである。 


 しかしである! 彼はそこで生徒の通信簿を記入したと言うのだ! なんと嘆かわしい!!!!



 私は言いたい! せっかくの休日の娯楽の殿堂をストレス発散の意味も含め全身で味わうのにクソガキの通信簿などというつまらん物を持ち込むなと!!! (???)


 今まで必死に教師を続け頑張ってきた50代男性を考えて欲しい。 言う事の聞かない生徒、理不尽な保護者、それはそれは大変な毎日だったろう。 だからこそ休日のギャンブルは不要な持ち込みはせず全身で楽しんでほしい!私は50代男性の幸せを切に願う。 大して役に立たない成績表などどうでもいい。 先生は自分の幸せを考えて欲しい。 

 ああ、なんという事だ。 卒業シーズン、3年生を担任しこれで生徒も旅立つと言う悲しみと達成感で胸がいっぱいな50代教師。 競艇場にまで通信簿を持ちんでいかなる時も生徒の事を忘れられなかった50代教師。 あなたは、あなたは立派な教師だ!!

夜のお菓子

夜のお菓子と言うとなんだか怪しい雰囲気でうなぎパイを思い出すだろうが違う。ワシのささやかな楽しみのおやつだ。 今回はリスカの「うまい輪」。 これはうまい棒を輪切りにした形だから「うまい輪」なのだ。 ダジャレだ。 前回、毎晩少しずつチビチビと食べていたのに息子に全部食われてしまった。 腹が立つので今回は袋に大きく「父」と書いておいた。酒もタバコもやらないこんな甲斐性なしオヤジのささやかな楽しみまで奪わないでくれ!

フランク永井の話

今朝は室温8℃! 記録更新してしまった! 「びっくり日本新記録」ならば記録更新は嬉しいがこんな我が家では賞金もチャレンジボーイと呼ばれる事もない。 明日は最低気温マイナス10℃らしい。 ここから4月までは長い。 非常に長い。 長いと言って思い出すのはフランク永井だ。(ふざけんなよ)


  
  フランク永井が自殺未遂を起こし歌えなくなってしまったのは皆さんご存知だろうがその結末までは意外と知らないのではないだろうか? ワシも知らなかった。 ワイドショーのうろ覚えの情報では「愛人との間に子供が出来てそのイザコザが苦で自殺未遂をした。」という記憶しか無かった。 当時からワシは「芸能人に隠し子は多いし、良い事では無いけど自殺までする事もないのになあ」と思っていた。 

 
 フランク永井という人は真面目な人なんだなという印象だった。 ところがふとその事をネットで調べてみたらなんとDNA鑑定によりフランク永井の子供では無い事が判った。 フランク永井は悪い女に捕まってしまったのだ。 同じような問題をその女は繰り返していたらしい。 実の子でも無い子供の問題で自殺未遂を起こし、歌手生活も家庭も滅茶苦茶になってしまったフランク永井は災難というしか無い。 


 ワシは良く、想像上の紅白歌合戦を頭のなかで構成していた。
 


 19xx年の紅白歌合戦。 その年は白組のおおとりは発表されていなかった。 そして番組は最後のおおとりの出番を待つだけになった。 観衆やTVを見ている全国民、そして出演者までもがステージ上にくぎ付けとなった。 そこにスポットライトが照らされ司会の高橋圭三が現れた。


 「みなさん、どうも、どうも! 高橋圭三です。 今日、この会場に到着するまで私にも最後のトリを務める歌手の名前を知らされてはおりませんでした。 その歌手の名を教えられた時、私は感激のあまり子供の様に飛び上がって喜んだのでございます。 さあ、会場の皆様、全国の皆様、この会場におられる歌手の皆様も私の様に飛び上がって感激してください。 わたしには既に全国からの皆様の熱い声援が聞こえる様です。 19xx年度 白組おおとりでございます! フランク永井!」

 会場は大きくどよめき、檀上から少しぎこちなさが残る足取りで一歩ずつフランク永井は歩いてきた。 歌手や観客からは号泣している人も大勢いたがその涙は悲しみでは無く歓喜の涙であった。 飛び切り明かるいサックスの音が響き、WOMANのイントロが始まった。 その頃には歌手の全員がフランク永井を取り囲んでいた。 フランク永井は一語、一語噛みしめる様に歌った。 涙でボロボロになったが笑顔で歌った。 そしてその年は紅白史上初となるダブルスコアで白組が勝利したのであった。 最後のフランク永井の挨拶「我が白組軍とフランク永井は永久に不滅です!」と自信が熱烈な巨人ファンである事を交えたあいさつはあまりにも有名。 そして永井の挨拶、感動のフィナーレは「ゆく年くる年」を10分延長させるという前代未聞の結末になったのである。
 

 完!  

野口五郎 新曲

野口五郎に久々の新曲が出るらしい。 タイトルは聞いたけど忘れた^^ また調べてお知らせしよう。 でもなんか「郷ひろみかい!」と突っ込みを入れたくなるようなタイトルだった。 

 とりあえず久しぶりに作った初音ミクの「針葉樹」を聞いておくれ。 しかし、針葉樹、名曲ですね~。 こういう曲は現代じゃ作れませんな。 それではどうぞ。

 



冬にアイスを食べると美味しい・・・か

良く冬の暖かい部屋でアイスを食べるのが好きだという話を聞く。ワシもそうだ。 年中、飲み物はアイスだし、アイスクリームも好きだ。 我が家の冷凍庫にもお徳用バニラアイスがまだ残っている。 しかし、一か月手を付けないままだ。 さすがに暖房費節約の室温12℃の中ではアイスを食べる気が全く起こらない(あたりまえだ)

 寒いから靴下を脱ぐ気にもならない。 寝巻にも着替えず服を着て寝る、寝相がトンデモナク良くなる。 できれば冬眠したいくらいだ。 

勤務中に飲酒 料理で停職

なんだか朝から大仰にこの先生のニュースをしていたがこれそんなに悪いの? 勤務時間と言っても誰も居ない夜の話でしょ? まいいじゃん これくらい。 生徒だって授業時間に早弁したりタバコ吸ったりしてるでしょ。 まあ見つかったら停学だから一緒か。

 53歳の先生が一人、教官室で料理作って、酒飲んで実に微笑ましくて好きだなあ、こういう先生。 こういう先生の良い所もあると思うんだけどねえ。 味気ない世の中だね~。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。