トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発毛剤効かず殺害予告

発毛剤が効かないと殺害予告メールを送りつけた男が逮捕されたそーな。 極上のアホである。 頭が薄いなんて比じゃないほどカッコ悪いのである。 


 ワシも随分頭が寂しくなりいずれツルッパゲだろうが育毛剤に全てを託す男にはなりたくないのだ。 それが男ぞ!


 とはいうもののそりゃ剥げたくない。 出来るだけハゲを隠す為に髪を短くして金髪に染めてやろうかと思う今日この頃だ。 男性ホルモンが多いと剥げると言うが確かにそうだ。 胸毛はあるが頭は薄い。 体中の毛を無くして頭に集中して生やしたいもんだ。 かと言って女性ホルモンを打つ訳にもいかない。 男っぽいハゲになるかオカマっぽい髪フサフサになるかは究極の選択だ。 さあどっちを選ぶ!?(オカマっぽいハゲになったら最悪である)
スポンサーサイト

5月24日の日記  オレンジ色

昭和51年5月24日にタイムスリップ!



 5月24日 月曜  晴れ

 (オレンジジュース)



 今日お母さんがオレンジ色のジャージを買ってくれました。 そしてオレンジジュースを飲みました。そしたらオレンジジュースのオレンジ色とオレンジ色のジャージのオレンジ色、2つともオレンジ色でした。

 

どちらもオレンジ色でジュースをこぼしても目立たなくていいな。 (先生)



 だから何よって日記だ。 何かいオレンジ色が出て来たのだろう。 回りくどい割に中身の無い小学生典型の日記でした。 


 
 子供の頃からオレンジ色は大好きだった。 明るい原色が好きだ。 今は黄色がお気に入り。 昔は黄色はそんなに好きじゃ無かったけどいまでは一番好きだ。 次いで緑。 うちのオヤジも緑が好きだった。 口の悪い母は「なんでそんなに緑ばっかり 朝〇人みたいに」と今では大問題になるような発言をよくしていた。 しかし、朝鮮の人は緑がすきなのか? 聞いた事がない。 まあうちの母は適当な発言ばかりするのでいちいち信用してはいられない。

昨日のプロ野球

なんだか日記を載せてから訪問者が減った。 そりゃそうだ。人の日記を見たってつまらん。 それに毎日書かれても面倒だろう。 毎日書けば良いってもんでもないのねブログって。 これからは面白そうな日記だけ書きます
(あるかいなそんなの)


 昨日TVでハムVSDeNA見ていたら野球をやっている中2の息子が「これ練習試合?」と言いやがった。 んな訳ね~だろ!

今日の日記 5月23日  コルチャック  懐かしTV

昭和51年 5月23日にタイムスリップ!



 5月23日 日曜 晴れ


 (コルチャック)


 日曜の10時半コルチャックというお化けのテレビを見ました。電気を食べる地底の怪神でした。いつも時間が遅いので見れませんが今日昼寝をしてがんばりました。


 月曜にぼけっとしている様ではだめだぞ。(先生)
  


 日記を見返してコルチャックとあったのでそういやなんかTVで見たなあと調べるとばっちり、1976年 4月から放送された「事件記者コルチャック」だった。 アメリカのホラー特撮物だ。 最近だとXファイルとかそういう系統だろう。 日記では「地底の怪神」とあるが怪人の間違いじゃないかと調べると、これまた第8話に「よみがえった地底の怪神」というタイトルがあった。 結構ちゃんと見て日記かいてあるんだと妙に感心した。 

 夜10時くらいからのTVってなんだか大人の時間という感じでなんとなくそわそわしたもんだが今じゃ普通な感じだね。 昔の夜番組は裸がいっぱい出て楽しかったもんだ。 それを見て少年はときめいたのだ。 TVでもっと裸を出せと思う今日この頃。

5月22日の日記  王選手だよ

昭和51年 5月22日は何があったんじゃらほい



 5月22日 土曜 くもりのち晴れ



 (プロやきゅう)


 夜、プロ野球を見ました。 そしたらまた王選手がホームランを打ちました。 王選手が打つ時ホームランばっかり打つと思いました。


 王選手のファンなのだな。 先生は特別好きな選手はいないよ。




 この頃は子供と言えば猫も杓子も野球をやっていた。 サッカーをしている子供は見た事が無かった。 これ以降の記録に向かう王選手フィーバーは凄かった。考えれば自分の知っている王選手は実に晩年なのだが世界記録がかかっていた為、王選手の全盛期の様に感じていたのだ。 王選手にはホームランだけを期待していた。 王選手が珍しく流し打ちをした時は驚いたものだった。 巨人の帽子を被り、バットとグローブを持ってグランドに行くのが日課だった。 そうそう金属バットが出始めたのもこの頃だ。
 

金冠日食 猫も杓子も

なんだか日本中大騒ぎってな感じだった。 TVでも殆どの局で放送していた。中にはこの日にプロポーズしますなどというくだらないものまであった。 どこまで浮かれりゃ気が済むのだ。 太陽なんてすぐに沈むのだ。


 そういや近所のコンビニにも日食用のメガネが売っていたっけ。 こんな田舎町でも皆、メガネを買って世紀の天体ショーを見ようと思って準備万端にしていた人もいるだろう。 中にはこれまたプロポーズをしようなどと考えていた浮かれポンチキ野郎も居たかも知れない。


 しかしだ、わが町、日食の時間、完全無欠の有無をも言わせぬ曇天!! これ以上ない完璧なくもり! 浮かれた世間を一喝するようなくもり! 

5月20日の日記

昭和51年5月20日 木曜 晴れ


 (ハンドベース)


 今日学校から帰って瀬谷君と本堂君と山木君と樫山君と僕でハンドベースをやりました。 14対3で僕のチームが勝ちました。あまり遊んでいたので4時半までに帰るのに5時過ぎてしまいました。


 面白くて夢中になって遊んだんだな。遅くなって叱られなかったか。 (先生)

5月19日の日記 ザリガニ

昭和51年 5月19日  水曜 晴れ


 (アメリカザリガニ)


 うちで飼っているアメリカザリガニが卵を持っていました。 それが今日見るとこっこが離れてぴょんぴょん跳ねていました。大きさは2mmくらいでした。 早く大きくなればいいな。

 先生コメントなし



 


 

おたまじゃくし

先日、保育園にたくさんのオタマジャクシが水槽を泳いでいた。 まだ子供の頃は周りには田んぼも沢山あってカエルやドジョウ、オタマジャクシを取りにいったもんだ。 春先には田んぼや池にカエルの卵がいっぱい浮いていてそれをごっそり取ってきた。 透明のドロリンとしたのが沢山取れて「これで卵かけごはんやったら死ぬほど食える」と不気味な想像もしていた。 


 ある日、友達とカエルを取りに行った。 取ったカエルは「ナッツボン」とかいうお菓子のカンカンに入れ、半透明の蓋をした。 思いもよらず大漁となりカンカンびっしりカエルになった。 そんなぎゅうぎゅう詰めなのにフタをぴっちり閉めているもんだからカエルは苦しくてたまったもんじゃない。 ワシがカエルどうしたかな?とフタを開けるとそりゃもうカエルの大騒ぎ! 必死の形相で飛び出そうとして来る。 ワシは怖くなって友達に「逃がしてきて」とたのんだ。 外はカエルの祟りか猛烈な土砂降り! そんな中友達はフタを開け水たまりにおびただしい数のカエルをまき散らした。 あまりの多さに友達は「ひえ~~~」と言って帰ってきた。 カエルは大雨の中、気持ちよさそうに飛び跳ねて行った。 いや~カエルには酷い事をしたもんだ・・・

 そのせいか後日、ワシのへそは無くなった(ウソ)

5月18日の日記

昭和51年5月18日 火曜 晴れ


 (自転車の練習)


 今日学校で自転車の練習をしました。発車する時どきどきしました。 そして発車して行ったら行く道を間違えました。もう一回やろうと思って並んだら長くて大変でした。そして途中でチェーンが外れてやっと治したらみんながずっと行ってしまいました。おもしくないから帰りました。 


 (この日の先生の一言はありませんでした)


 昔の自転車ってなんであんなにチェーンが外れたんでしょう? まあ無茶苦茶な乗り方してるせいだと思うけど。 そのうち、チェーンを掛けるのも慣れて上手くなりました。 

5月17日の日記 花火

昭和51年5月17日の日記です。さあ行きましょう。


 5月17日 月曜 くもり時々雨

 (花火をやった)


 夜、花火をやりました。やる時期が早いけれどやりました。とってもきれいだった。友達とやったら楽しいだろうな。
  


 ひとりでやってもつまらないもんだな。 兄弟がいるといいな。(先生)




  ワシはひとりっこだった。 「ひとりっこ」という言葉が大嫌いだった。 好きで一人になった訳でもないのに「ひとりっこだからワガママに育てられてるんだろう」とよく言われた。 未だにひとりっこという言葉にはトラウマがある。 だから子供だけは一人にしないぞと思った。 ひとりっこはつまらないし寂しい。 「ひとりっこなんだあ」と言う馬鹿にしたような口調や態度はいつまでも嫌な記憶として残るもんだ。

5月16日の日記  野球

昭和51年5月16日の日記です。


 5月16日 日曜 くもり


 (やきゅう)


 今日、野球に行きました。ホームランを打つ人はいませんでした。おとうさんのチームが勝ちました。岩見沢でやりました。お母さんの作った弁当とおやつを持っていきました。

 


 おとうさんの野球を見にいったのかな。ちょっとはっきりしないぞ。
(先生)

 うちのオヤジは野球がすきで良く草野球をしていた。 ワシはそれをちょくちょく見に行っていた。 オヤジは中々バッティングが良かった。 そんな影響でワシも高校まで野球をやった。 今、中学の息子もやっているがセンスが無い。 だから気楽に見ていられる。 しかし、息子の出ない試合を見に行ってもつまらないものだ。 

今日の日記  

書こうと思ったら昭和51年5月15日の日記が無かった・・・ 一日も欠かさず書いていたと思ったら・・・
まだ最初のうちは休みもあったんだなあ・・・・

5月14日の日記  遠足

昭和51年5月14日は何をしていましたか?



 5月14日 金曜 くもりのち晴れ


 今日、遠足に行ってこわかった。



 これくらいでまいるとはなさけない。(先生)


 

 まあ、なんと短い日記。疲れで適当になってる感じ。 こわかったというのは北海道弁で疲れたという意味。 そういや最近、こわいって使わなくなったし、子供も言わないなあ。 方言が徐々に無くなっていくんだなあ・・


 地元の遠足は近場の温泉、牧場、小さい山などだった。 あの頃に戻って歩いて出かけて見るのもいいかな。その前に足が耐えられるか疑問だけど。

DV疑惑

母から「あんたのDVで離婚になったと噂出てるわ」と言われた。 なんじゃいそりゃ!と思ったが人の噂はどんどん話が大きくなって行くものだ。 DVと言えばもちろん「ドラマチックセクシャルバイオレットNo1」である。 ワシがドラマチックに紫のスパンコールのレオタードを身に纏いアフロヘアで歌を歌った事が離婚原因だというのだ! 冗談ではない。 ワシがそんなセクシーな格好で歌うはずがない。 なによりアフロにするほど髪が無い! 相手に「フフフ 色っぽいぜえ ええ」などと言った事はない。 

今日の日記  5月13日

 昭和51年の今日、何をしていたんだろうねえ・・・



 5月13日 木曜 晴れときどき雨


 (遠足)


 明日、遠足だというのに雨が降ったりやんだりするので心配でした。遠足に行けないからです。
 
 
  

 心配で寝れなかったのかな。(先生)

 

 小学生の頃は遠足が楽しみだった。前の日におやつを買いに行くのも楽しかった。 だいたい300円くらいだった気はするが定かではない。 今なら「ジャガビー」一個を買えばほぼ終わりである。(ジャガビー買うなよ)

 遠足の前の日はワクワクするのが定番だ。てるてる坊主なんか作ったりして楽しい事この上ない。今、そんなに楽しい事があるだろうか。 これじゃいかん。

塩谷問題 2股騒動

なんだか連日こればっかりで、何をそんなに騒いでいるのかが判らん。 これじゃ3股練炭殺人以上の取り上げ方じゃあないか。 くだらないね~。  

 そりゃ二股は悪いんだろうけどそんな事、世の中に腐るほどあるんではないか? そんな皆、偉そうに言えるんだろうか。 今回の大騒ぎは何より塩谷という人が叩きやすかったからではないだろうか?


 大物でもないし、叩いても安心。 これが大御所ならだんまりだったろう。 連日、沢山のタレントがコメントを言っているが若手の不祥事を利用して仕事を増やしてるとしか思えん。 

なんか昨日も二股をかけられたという料理研究家だかが一時間番組に出ちゃうなんて二股かけるより恥ずかしい感じなんだけどそういうのが当たり前なのかねえ。

 仕事が増えればなんでもありの世の中なんだね。

カラオケ 自分の声 

ワシは保守的で何に対しても奥手だった。 免許を取ったはいいが結局車を乗り始めたのはその3年後だった。 ファーストキスも20歳だった。 初体験はお店で18歳だった(なんじゃいそれ)


 カラオケも40になってようやくその楽しさが判った。 若いうちは人前で歌うのが苦手で歌えという空気になるとその場から逃げていたものだった。 今考えると場の空気を壊しまくっていたので実に申し訳ない。 今なら喜んで歌うのに。人間と言うのは変わるものだ。 


 しかし、カラオケが好きになってもどうしても嫌な事があった。 それは自分の歌声を聴くことだ。 まあ滅多に客観的に自分の歌声を聴く事も無いだろうがclubDAMのメンバーになり録音出来ると言うので録音してそれを昨日、PCで聞いてみたのだ。 

 昔、テープレコーダーに自分の声を吹き込み聞いた時「なんて汚い声なんだ」とガッカリしたトラウマがあったので自分の声にはコンプレックスがあったのだ。 カラオケなんか自己満足だしもし、自分の歌を聞いて自信を無くしたら嫌だなあと思っていたのだ。 

 しかし、まあ何事も経験。 自分の歌を聞いて修正個所も気付くかもしれないと気持ちを奮い立たせて恐る恐る聞いてみた。 


 なんか可もなく不可もなくという程度の歌声だった。 これでなんとか自分の歌声コンプレックスから脱却しもっと上手になるよう頑張りお店で出会った女性と良い仲になりイチャイチャ出来てオッパイの一つも揉めたら最高である(要はそれか)

今日は寒い 昔はどうだったべ

しょわ51年5月12日にタイムスリップ! ひゅい~ん!

 

 5月12日 水曜 くもりのち晴れ


 (遊べなかった)

 学校から帰って篠山くんの家に行く時雨が少し降ってたから急いで行ったら雨が強く降って篠山くんは約束のところに居ませんでした。雨が降ってきたからだと思います。


 雨が降ったのだから仕方ないな。 ☆ どんな約束をしたのかはっきり書くとよい。(先生)



 昔は携帯も何も無い時代。 子供に限らず約束事がきっちり守られて居た様な気がします(今よりは) 今はすぐ連絡取れるから多少ルーズになったんでしょうか? 

今日の日記はなんじゃらほい   リレー 運動会

昭和51年 5月11日は何があったかな? 帰るべ。 (文面中の名前は仮名です)

 


 5月11日 火曜 晴れ  


 (リレー)

 学校でスタートの練習でタッチのリレーが面白かった。2回やって2回とも勝った。秋谷さんたちが負けたからって文句を言った。 

 
 負けたら悔しいので文句を言ったのかな。(先生)
 


小学生の頃の体育のリレー練習では負けると死ぬほど悔しかった。 八つ当たりも結構目にした。 クラス対抗で野球をした時も負けると泣きたいくらい悔しかった。 でもあの頃の競争が一番楽しかった気がする。 野球にしても大人が介入すると途端につまらなくなる。

友人が来た。 久しぶりの訪問

昨晩、幼稚園からの友人が久しぶりに帰郷し家に泊まった。 ワシと同じバツ2でワシと同じく女好きだ。 友人は彼女を連れてきていた。 ちょっとウエンツ似のなかなかの美人だ。 ワシはかなり羨ましかった。 普段は息子と3人の地味な部屋だが昨日は賑やかに楽しくなった。 子供にもおやつを買ってくれて感謝だった。うちの息子はあんまり感情豊かでは無いが昨日は嬉しかったと思う。 あんまり人に親切にされた経験も無いからだ。 

友人とはこの歳になって若い頃より上手く付き合える様になったと思う。 彼女とも初対面ながら楽しく話せて久しぶりに楽しい時間を過ごせた。 友人とは相変わらずくだらない話やエロ話を出来る仲でそういう存在は貴重だ。 彼女はワシと誕生日が一緒でなんと言う運命なんだと思ったが友人の彼女に運命を感じてもしょうが無いので虚しかった。 


 ワシの息子と友人、彼女も一緒の部屋で寝た。 もし友人と彼女が熱い痴態を繰り広げたらしっかり見とこうと思ったが無かった。 友人は相変わらずイビキが爆音で感心した。途中、無呼吸になる時間があったので大丈夫なのかと不安になった。 彼女に腕枕をしている友人を見ていると実に羨ましかった。 ますます、絶対彼女を見つけるぞという決心が湧いたのであった。


 朝、友人と彼女は帰るために千歳空港に向かって走っていった。 実に短い時間であったが楽しい時間だった。 また今度も遊びにきて欲しいものだ。 帰り際に一緒に写真を撮ったのも良い思い出になった。 友人にはぜひとも彼女を大切にして欲しいものだ。 


 いつかまた来いよ~ そんときゃカラオケ行こうね。


 アディオス・アミーゴス・アスタラヴィスタ

今日の日記  SL

昭和51年5月10日は何をしていたでしょう。 帰ってみましょう。

 
 5月10日  月曜  晴れ

 (SL)


 夜、お父さんの友達が来てSLのプラモデルをくれました。嬉しかった。僕はプラモデルを一杯作ったけれど、SLのプラモデルを作ったことが無かったからです。

 

  SLにもいろいろあるだろう。何というやつだ。



 うちの父は公務員でその仕事関係で取引相手が家に来る時に手土産として僕にプラモデルを持ってくる場合がたまにあった。 ワシは滅茶苦茶嬉しかった。 同じ公務員の父を持つ友人もそういう事があったらしい。 やはり相手の子供に手土産を送る事はかなり有効らしい。 覚えておこう。

 ちなみにSLはD51だったかC62だったかは定かではない。 メーカーはLSで「LSのSL」という非常にややこしい物だった。

今日の日記  ふき  皮むき面倒だよね。

昭和51年 5月9日は皆さん、何をしてましたか? 振り帰ってみましょう。


 5月9日 日曜 晴れ

 (ふきを取りに行った)


 朝、8時頃ふきを取りに行きました。 母の日だからいっぱい取りました。 袋にいっぱい入れてかごに半分取りました。帰りに長官山に行ってきました。

 
  
  母の日だから お母さんに楽をさせてあげたのだな。(先生)

 うちの爺ちゃん婆ちゃんはふき採りやキノコ採りがすきでした。 たまに一緒に行ってました。帰って来てからは山になったふきの皮むきが大変でした。 長官山というのは小さい山というか本当に小さな、車で行ける頂上です。 特に何にもありません。 学校の遠足コースにもなってました。 看板には「アベックさん、早くお帰り痴漢が出没!」とありました^^ 最高な名文句だと思います。 過去、数々アベックが幾多の痴態を繰り広げていたのでしょう。 羨ましいです。

スパイウェア  ウイルス退治!

退治てくれよう 桃太郎!! と言うセリフ好きだったなあ。 桃太郎侍は良かった。 高橋秀樹も若かった。 他のメンバーも味があった。 そして単純明快なストーリー、悪を退治する爽快感は最高だった。 その影響で日本刀(当然飾りの模造刀)も買った。 買ったはいいが箱にしまいっぱなしだ。 今の所使い道は無い。


 さて、久々にPCのスパイウェアチェックをした所、脅威の100匹オーバーだった^^ これだけ大量だと気持ちがいいくらいだ。 原因はもちろんワシの閲覧したエロサイトだ(威張るなよ) まあウイルスなんて覚悟で見ているから平気だが以前、子供がウイルスにやられたのは参った。

 我が家のPCの画面全体に若い姉ちゃんのプリケツが常時表示される様になったのだ。 全く何を見たか想像付くがワシも似たような者なので責めはしない。 しかし、これが中々消えない。 色々調べ何日も経過した後、やっと消せた。 

 会社のPCでこれやったらクビだな。やった人多いと思うけど^^

5月8日の日記  

昭和51年 5月8日は何をしていましたか? さあ帰りましょう。



 5月8日  土曜 晴れ


 (天体望遠鏡)


 夜、お父さんと僕で隣のおじさんに天体望遠鏡を見せて貰いました。月を見ました。はじめて見たのでびっくりしました。月の表面はデコボコでその中はちょっと穴が開いていました。



 穴の開いてるのが見えたのか。 穴には水が溜まっているのかな。(先生)




 その日、夜に家の前で近所の人(面識は無かったが)が天体望遠鏡で月を見ていた。 僕も見せて貰った。当時オジサンだと思ったが今考えると20代くらいの気がする。 家の隣は祖母が貸していたアパートでそこには若い人たちが住んでいてたまに遊んでくれたり車を見せてくれたり楽しかった。なんか楽しかったね。

5月7日の日記  何の日だべかね~

昭和51年 5月7日 の日記です。 さああの頃に帰りましょう。


 5月7日  金曜 くもり 


  (しのやま君と喧嘩した) 名前は仮名です


  グランドで野球をしてたら、しのやま君がジュースの粉をくれたから食べたら不味かったので、しのやま君のを取ったら追っかけて来てジュースの粉を持って走ったら粉が散らばったからジュースの袋を投げたら、しのやまは僕のボールを取ってずっと行ってしまいました。僕がボールを取りに行きました。そして僕がボールを取ったら、しのやま君が逃げて行きました。 

 

そうか、 ケンカをしたのか。卑怯なケンカはしなかったろうな。 ケンカの時何も喋らなかったのだろうか。喋った言葉を書くとケンカの様子がよく判るようになる。
(先生)
 


こどもの時って良く喧嘩したなあと思う。 くだらない事で罵り合いをしていたもんだ。 今の子供よりも酷い喧嘩をしていた気がするがすぐに仲直りもしていた。 しのやま君とも沢山喧嘩してたくさん遊んだ。 一年前くらいに地元に帰って来ていたので「久しぶりに話そう」と電話したら「別にいいわ」とそっけなく切られた。 この歳になると、過去に振り返り昔話でもしようという人と、思い出話なんかしたくもないという人の2極化がハッキリわかれるなあと思います。 まあ60くらいになればまた違うかも知れないね。

5月6日 連休最後

昭和51年 5月6日は何をしていたでしょう。 それではトルピータイムマシンに乗って・・



 5月6日 木曜 くもりのち雨


 (習字で合格した)


  習字に行ったら新しい手本をくれました。 それは「川石」でした。3枚で終わりました。3枚とも合格しました。


  3枚とも合格したのか。そんなに素晴らしい力を持っているのだから学校でもでたらめをやってはいかんぞ。


 普段、いかに学校でデタラメをやっているか垣間見終える。 習字は3年間ほど習ったが字は異様に下手くそ。 先生の使っていた朱色の墨に憧れました。 筆の腰がクタクタになったら卵の白身で回復出来ると本で読みやってみたがすぐにまた腰が折れ長く使えませんでした。 

両親 

2日の夕方、別れた娘を迎えに行った。 まだ3才だ。 離れてしまってから数か月。 久しぶりに一緒にお泊り出来ると嬉しい気持ちになった。 迎えに行ってそのままドライブ。 アイスとジュースを買って道の駅の中で一緒に食べた。 中ではアンパンマンのガチャガチャがあったので一回だけと言う約束でやったら娘が大好きなドキンちゃんが出てきて2人で喜んだ。 

 家に帰り一緒にお風呂に入った。 ずいぶんと大きくなったと思った。 体や髪を洗ってあげるのも久しぶりで嬉しかった。 夜も一緒に寝た。 寝相が悪く何回も布団を掛けなおした。 寝言も言っていた。 そんなすべてが愛おしかった。

 次の日は公園に行き、遊具で遊び、ウサギに人参をやってとても楽しそうだった。 楽しい時間はすぐに過ぎる。 送り返す約束の6時になった。 楽しい時間であればあるほど別れは悲しい。 最初は初めてのお泊りに帰りたいと泣いてしまうんじゃないか? と心配だったが楽しく過ごせて帰りも「お父さんと一緒がいい」と言ってくれた。 

 別れる時、娘は泣いていた。 そんな姿を見てワシもボロボロ泣いてしまったよ。 


 世の中には片親の子供が沢山居る。 悲しい思いを抱えて生きてる人が沢山いる。 




 

 先日、言い合いして以来、全く連絡してなかった知人Yから電話があった。 「もしかして別れた?」と聞くので「そうだね」と答えた。 「ちゃんとしましょうね」と奴は言った。 どういうつもりで言ったかは知らないがワシは何のために電話してきたのか意味が分からない。 離婚確認だけしたかったのか? 大体、ちゃんとしましょうなどと偉そうに言われたくもない。 奴に言わせれば離婚になったちゃんとしてない奴というレッテルを貼ったのだろうがワシが8年間感じて来た思いは奴には判らない。 電話で言い返したら間違いなく喧嘩になるので言わなかったが。人の生き方はそれぞれ、答えも星の数ほど。 奴には、自分の家はこんなに幸せでワシの家は不幸でどうしよも無いと思っておいて下さい。

こどもの日の日記 

昭和51年 5月5日の日記です。 さあ1976年に帰りましょう。


 と思ったら5日の日記が無い事が判明! 一日も休んで無いと思ったが・・・・ 休んでたのか・・

 学校も休みだったので書かなかったのかなあ。 う~ん 納得いかん。

5月4日の日記

昭和51年 5月4日の日記です。 36年前の今日は何をしていたのでしょう。



 5月4日 火曜 くもり


 (オセロゲーム)


 夜にお父さんとオセロゲームをしました。 お父さんが黒になりました。お父さんが白のコマを黒に変える時グチャグチャになりました。 この時僕がこの事を日記に書こうと言ったらお父さんが「コーヒー牛乳やるから書かないで」と言いました。僕が勝ったからです。

 
おとうさん 負けたからってグチャグチャにするとは卑怯だな。



 この時、別に父さんが卑怯な訳では無くて、小さなコマのオセロをしていた為、指の大きな父がコマをひっくり返すと周りもコマが動いてしまいグチャグチャになったという話でしたが先生は勘違いしたようです。 オセロと言えばボードゲームですが今ではPCやゲーム機に向かってやるものかもしれませんね。 しかし、最初は調子よく勝っていて最後に怒涛の様にひっくり返されまくるととんでもなく頭に来ますね^^
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。