トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリバリゆうばり! 夕張シューパロ湖の旅

P8160241.jpg
最近はなぜか良くダムめぐりをしている。 なんとなく雄大な風景、水がめを見ていると気持ちが解き放たれる、そんな気がするのだ。 今回は夕張に行ってきた。 夕張は好きな土地だ。 炭鉱が潤っていた昔はさぞ賑やかな町並みだったであろう。 とにかくここは市なのだ。 今では人工が1万人を切ってしまったが市なのだ。 ワシが生活に疲れた時、悩みがある時はここに来て時が止まった様な寂びれた風景を見にきたものだ。 

 ここは現実逃避をしたい時にぴったりな町だ。 夕日に照らされた夕張の風景を見ながらビリーバンバンの歌でも聞こうもんならもう2度と社会復帰出来ないほど悲しみに沈み込めること請け合いである!! お勧めは「今はこのまま」だがこの曲だと本当に立ち直れなくなる可能性もあるので「君の詩」か「子供たちをよろしく」あたりが良いかも知れない。 どちらにせよ普段味わう事のない寂しさを味わえるだろう。 ぜひ!(したくねえよ)

夕張には最近完成したばかりの「シューパロダム」がある。 当然、新しく立派なものだ。 元々ダムに詳しくは無いのでこれ以前の大夕張ダムも見に行った記憶もない。 今回の「シューパロダム」は「大夕張ダム」を水没する形で完成したそうだ。 なので所々道路や橋が沈んだ光景が見られる。
 
  P8160227.jpg

 旧道路の立教やレンガ色の鉄道跡?のような物が見える。

 P8160209.jpg

 水没したミラー。 なんとも寂しげだ。 
 
 P8160213.jpg
P8160215.jpg
写真に見える鉄橋は車で渡れる。 なんともレトロな雰囲気なのだ。 

 P8160221.jpg

 水面からひょっこり顔を出す「白銀橋」。 ここが見所の一つか? 水に沈む前の姿を想像させノスタルジックな気持ちにさせる。

 P8160224.jpg


 レンガ色の鉄橋(名前はなんていうんだろう?) ここを渡る時なぜか胸が躍る。 


 P8160237.jpg
 面白い形をした鉄橋だ。道幅は狭い。


 P8160241.jpg

 鉄橋を渡るとほんの小さな橋が見えた。 もしかしたらここは普段水没している所かも知れない。 ここら辺り毎度キツネに会う。 ガリガリの痩せたキツネだ。 
 P8160247.jpg
P8160248.jpg

 「かしまいおどりはし」と書いてあった。 ここは水没したら見ることが出来ないだろう。 P8160250.jpg
ここまでが見学できた限界。 山の斜面には鹿がガサガサと走り「キョンキョン!」とけたたましく鳴いた。 うっそうとして熊でも出そうな雰囲気で不気味なのでそそくさと帰った^^ 夕張は最近なにかと開発が進んでいる印象を受けた。 他にも小さなダム建設があるようだし、色々な碑や像が増えている感じだった。 それにしても夕張は良い所だ。開発が進んでも良い意味での寂れた感じは残して欲しいものだ。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。