トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出とは我が人生

なんだか演歌のタイトルみたいになった。 ワシは典型的な保守的人間である。 時代の風景も歌も何もかも70年代に集約され心を取り残されてきたようだ。 いつもあの日に帰ってみたいと思っている。 でも帰れないからこそ、いい思い出なのだろう。 当時の歌を聞くとあの日に帰れたような思いになる。 だからたまに思い出に浸りすぎて埋もれそうになる。 現実逃避だ。

 ワシの宝物は思い出である。 小学生の頃は、良い思い出も悪い思い出も山ほどあった。 辛いことがあった時は「時がたてば思い出になるさ」と自分に言い聞かせてきた変な子供だった。 それは正解で今になれば笑い話だ。 しかし、やっぱりいつまで経っても思い出話にならない事がある。 離婚だ。

 ワシは32の時(33だったか?忘れた) 離婚をした。 子供2人を引き連れ独り身になったのだ。 原因は良くある事で、人によっては普通に夫婦生活を続けていく人も沢山要るだろう。 離婚は辛かった。何より子供を母親から離してしまう事が一番辛かった。 長男は母親に会いたいと泣いた。 それを見てワシも泣いた。泣き疲れて一緒に寝てしまった。 

 妻と出会い、暮らし、結婚して子供が出来て・・と全ての思い出が全て消えていくのだ。 まったく無駄としか言いようが無い。 妻の妹や義母とも仲が良かったから遊びに行くこともなくなって今はどうしているかも判らない。 今時代は本当に離婚が多い。 たぶん、自分も含めて辛抱が足りないんだろう。 これではいかん・・まったく。 


 我が子だけは離婚して欲しくない。 離婚するならそもそも結婚もして欲しくないというのが本音だ。 ワシは、家がつまらなくても喧嘩しても離婚をしないという事が幸せであると思う。 どん底に落ちても添い遂げ死ぬ間際には「ああ、結婚してよかったなあ」と思いたい。 性格の不一致だとか、愛情が冷めたとかくだらない事だ。 好きだという情熱なんか覚めて当たり前なのだ。 性格がピッタリ合うわけも無いのだ。 苦労して喧嘩して死ぬ間際に「それでも楽しかった」と言えれば最高だ。 でもそんな事を考えながらくだらない夫婦喧嘩に明け暮れる毎日は結構疲れる。 

 しかし、それでいいのだ。 なぜなら夫婦喧嘩は 「結婚していなければ出来ない」からだ!
スポンサーサイト

コメント

嫌な思い出ばかりじゃツラすぎるよ( ´△`)
どうしようもないコトってあると思う。
離婚してもっと相性のいい人と出逢って添い遂げた方が有意義な人生じゃないかな?
私もバツイチだケド、最高にいい相手を見つけました(^^)v
かなり運命的な出逢いだったよ♪
トルピーさんも早く気が付いて~!!

Re: タイトルなし

ワシも良い人を見つけたぞ!最高の人じゃ。 人生苦あれば楽あり、耐えてきて良かったのじゃ。最高じゃ~~!

  • 2014/06/29(日) 19:21:46 |
  • URL |
  • トルピー #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torupi.blog116.fc2.com/tb.php/127-d7ff7d22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。