トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和歌謡に夏は似合わない!?

しかし、北海道も随分と暑い。 記録的な猛暑だそうだ。 本州と比べると全然マシだが道産子にとっては非常に暑い。 早くワシの大好きな「秋」になって欲しい。 ところでふと考えたが「昭和歌謡」を季節に例えると「秋」 ではないだろうか?

 もちろん、春や夏の名曲も沢山あるが、春、夏は 「楽しい、前向き、恋愛」なイメージで他人が幸せな歌よりも、秋、冬の「失恋、悲しみ、悲哀」な不幸な歌が心に沁みるのだ。 それで一番、昭和歌謡にピッタリなイメージが独断と偏見で「秋」なのだ。


 自分も決して前向きにはならないネガティブ人間なので、「秋」や昭和歌謡が好きなのかも知れない。 今日も30度近い気温の予想だ。 もう九月だというのに。 これでは太田裕美の「九月の雨」を秋の物悲しさを味わいながら聞く事が出来ないではないか。 

 秋になり空が高くなり(空が高いってどういう事なのか理解してないけど) 風邪が冷たくなって枯葉が舞い散る道をふらふらと歩き、物悲しい歌謡曲を巡らせながらどこまでも遠くに行ってしまいたい。 夕張の山の上に上がって一人、感傷にひたるのもいい。 とにかく秋の寂しさを味わうのだ(大丈夫か、お前)


 そんな最高の季節「秋」がいつになったら始まるのだ? 週間天気予報を見るたび腹が立つ・・・
スポンサーサイト

コメント

春に生まれたけど…

 一番好きな季節は、秋だったりするのです。
 秋にリリースされる曲は、哀愁が漂うものも多いよね。
 オイラもじんぎすかんさんと似ているみたい?(笑)
 ただ、演歌は冬が一番似合う!と思います!

  • 2010/08/30(月) 12:37:01 |
  • URL |
  • ロシナンテ #-
  • [ 編集]

Re: 春に生まれたけど…

たしかに演歌は冬だね。 歌謡曲よりも更に心が寒いのが演歌ですね^^ 歌謡曲が哀愁なら演歌は哀しみでしょうか。 夏の歌でも秋の哀愁や冬の冷たさを感じさせる曲は好きです。 

  • 2010/08/30(月) 13:41:16 |
  • URL |
  • トルピー #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torupi.blog116.fc2.com/tb.php/138-7701194c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。