トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野口五郎・研ナオコのコンサートがくるぞ!

10月20日に札幌でこの名コンビのコンサートがある。 野口五郎ファンとしては外せない所だ。 しかも五郎はデビュー40周年という記念の年である。 いや~めでたい。  しかし、 おい! ちょっと待てよ!

 普通、デビュー40周年なんて記念の年ならもっと豪華な全国コンサートツアー(昭和歌謡はライブなどという言葉は似合わない) があってもいいんでないかい? ほとんどTVに出ないジュリーだって還暦記念にドームコンサートをやったし、郷ひろみも元気に(能天気に)ライブ(今のひろみにはライブと言うしかないだろう)をやってるぞ!? 秀樹は体調があれだから仕方無いが元気な五郎がなんだか寂しい。

 しかも悪く言えば研ナオコとの抱き合わせでしかも札幌の開始時間がPM2:30! いったいどういう客層なのだろう? 更に、他の会場はほぼ、昼、夜の2本立てだが札幌は昼の一本だけ! どんだけ人が入らないと予想してるのだろう? そりゃ新御三家の中では一番地味な感じは否めないがこれは無いだろう。

 新御三家をゴレンジャーで例えると(例えんなよ) ひろみは、王道アカレンジャー! 秀樹はニヒルなアオレンジャー! そして五郎はちょっと日陰のミドレンジャーなのだ!(言い切るなよ) やはり当時は秀樹やひろみに目が行きがちだが今、聞き返すと五郎の歌が実に身に沁みていいのだ! だから五郎のコンサートを心待ちにしていたが・・・・


 カックラキンを彷彿とさせるコンビもいいのだが五郎の曲も堪能したい。 しかし、コンビとなると五郎の曲数も限られる。その中で歌う曲となると大体想像できる。 青いリンゴ、オレンジの雨、私鉄沿線・・。可も無く不可も無くという感じだが残念だ。

 できればピンでコンサートをやって欲しかった。 曲も 季節風、風の駅、むさし野詩人、沈黙、きらめき、泣き上手、グッドラック、針葉樹・・・・ まだまだ名曲があるのにもったいない。 札幌は昼の部しか無いのだから曲数を増やしてくれと言いたいところだが無理だろう(そりゃな) 

 来年以降、ワンマンショーで札幌に来てくれる事を切に願う。 
スポンサーサイト

コメント

やっぱり

カックラキンコンビですよねw
ゴロンボ刑事のコントでもやりそうな感じでうがw
はい、私はミドレンジャー好きです!

  • 2010/09/10(金) 21:04:00 |
  • URL |
  • 6 #dnWbNCi2
  • [ 編集]

Re: やっぱり

スーツ着てグラサンかけてゴロンボでもやったら拍手もんです。 流石にカマキリは出ないでしょうが。 ミドレンジャーはいいですよ。ミドメランは出すし、胸のラインは一番多いし、ミドリだし。 ミドリムシだし(?) 当時の友達の間でもミドレンジャーは意外と人気でしたよ。

  • 2010/09/10(金) 21:58:51 |
  • URL |
  • トルピー #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torupi.blog116.fc2.com/tb.php/141-e82d2740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。