トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心地よい空間  幸せとは?

お正月も終わってしまった。 子供の頃、クリスマスからお正月にかけて最高に楽しみだった。 お年玉やプレゼントを貰えるのはもちろん楽しみだったがその時間、空間を過ごせる幸せがあった。

 ワシは一人っこだった。(当時、この言葉はとても大嫌いで他人から「一人っこ」と言われるのは何よりも屈辱だった。) 家に居ても寂しい事が多く兄弟が欲しいと思っていた。 だから沢山の親戚が集まるクリスマスやお正月は最高に嬉しかった。 いとこの家はお寿司屋さんでクリスマスや大晦日は最高に忙しくみんなで出前の準備や配達を手伝っていた。 ワシも一緒に車に乗り配達に行っていた。 

 大晦日の忙しさは物凄く店内じゅうに出前のお寿司が並んでいた。 そのワイワイ、ガヤガヤした雰囲気が好きだった。 なんとか出前も終わり、ひと段落つく頃、TVではレコード大賞が発表になり感動のシーンを迎えた時、「今年も終わるんだなあ」と思ったものだった。 

 大晦日は夜遅くまで起きていられる、それだけでワクワクした。 いとこの子供同士で遊びながら周りでは大人たちが花札やマージャンをやっている。 その歓声や牌のジャラジャラかき回す音がいかにも特別なお祭りのようで本当に心地良かった。 マージャン牌が立てる音を聞きながら眠りにつく。 それがこんなに幸せだったとは今になってしみじみ思う。 そんな楽しみを自分の子供たちにやっているだろうか? もっともっと楽しい思いをさせたいと思う今日この頃だ。
スポンサーサイト

コメント

お正月

僕の子供の頃も、正月は毎年じいちゃんのうちに親戚が集まりワイワイやっていました。
楽しかったのは、おばさんが一緒にトランプしてくれたり、いとことプロレスごっこしたり、伯父さんたちがやっている麻雀のジャラジャラ牌をかき回すところだけ参加したり、と色々な人にかまってもらえたからだと思います。
ちなみに僕は、小学2年生の漢字テストで、「北」と言う字の音読みに「ぺい」と書いて×をもらっています。正月の麻雀で覚えたことは言うまでもありません(^^;

  • 2012/01/07(土) 09:51:38 |
  • URL |
  • 鈴木 #-
  • [ 編集]

Re: お正月

鈴木さん! ペイですか^^ ワシなら〇を付けますね^^ ほんと正月って良かったですね。 昔は今より親戚付き合いも親密だったような。 ワシはマージャンはやらないけど、マージヤン牌の音ってなぜか郷愁を誘うような思い出の音です。 親戚のおじさんやおばさんと遊べるのは楽しかったね。 核家族化してる現在だけど本当に大切な物だと思うなあ・・・

  • 2012/01/09(月) 11:33:16 |
  • URL |
  • トルピー #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torupi.blog116.fc2.com/tb.php/230-1bba3a67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。