トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人が来た。 久しぶりの訪問

昨晩、幼稚園からの友人が久しぶりに帰郷し家に泊まった。 ワシと同じバツ2でワシと同じく女好きだ。 友人は彼女を連れてきていた。 ちょっとウエンツ似のなかなかの美人だ。 ワシはかなり羨ましかった。 普段は息子と3人の地味な部屋だが昨日は賑やかに楽しくなった。 子供にもおやつを買ってくれて感謝だった。うちの息子はあんまり感情豊かでは無いが昨日は嬉しかったと思う。 あんまり人に親切にされた経験も無いからだ。 

友人とはこの歳になって若い頃より上手く付き合える様になったと思う。 彼女とも初対面ながら楽しく話せて久しぶりに楽しい時間を過ごせた。 友人とは相変わらずくだらない話やエロ話を出来る仲でそういう存在は貴重だ。 彼女はワシと誕生日が一緒でなんと言う運命なんだと思ったが友人の彼女に運命を感じてもしょうが無いので虚しかった。 


 ワシの息子と友人、彼女も一緒の部屋で寝た。 もし友人と彼女が熱い痴態を繰り広げたらしっかり見とこうと思ったが無かった。 友人は相変わらずイビキが爆音で感心した。途中、無呼吸になる時間があったので大丈夫なのかと不安になった。 彼女に腕枕をしている友人を見ていると実に羨ましかった。 ますます、絶対彼女を見つけるぞという決心が湧いたのであった。


 朝、友人と彼女は帰るために千歳空港に向かって走っていった。 実に短い時間であったが楽しい時間だった。 また今度も遊びにきて欲しいものだ。 帰り際に一緒に写真を撮ったのも良い思い出になった。 友人にはぜひとも彼女を大切にして欲しいものだ。 


 いつかまた来いよ~ そんときゃカラオケ行こうね。


 アディオス・アミーゴス・アスタラヴィスタ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torupi.blog116.fc2.com/tb.php/273-fb46910d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。