トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴下の思い出

 「博士! 旅行に行ったのでお土産を買ってきました!」 
 「おお!トルピーそれはありがたい。どうも、どうも!」 
 

  「はい!どうぞ!」  


  DSC05097.jpg
 
 「小鹿の剥製です!高かったな~♪」 

  「ううう!デカイな、あ・ありがとう・・・・」  

  「あれ?博士!どうしたんです?遠い目をして・・」

  「いやあ、お土産と聞いて思い出した事があってな・・・」

 (突然、辺りはセピア色、遠くで波の音が聞こえる・・・・)

 「あれはワシが小学4年のことじゃった。ある日親戚のおばさんが買い物帰りにお土産を買ってきてくれたんじゃ!」

 「それは良かったですね^^」 

 「わしは一つ下のいとこと2人して喜び勇んで行ったのじゃ! そしていとこは当時の小学生の必須アイテム  プラモデル  を貰ったのじゃ!」

 「わあ!いですねえ!当時、小学生にプラモデルというのはエビフライにタルタルソースくらいのベストマッチです!」

 「ワシはそれを見てテンションがMAXになり、思わずダウンタウンブギウギバンドの『サクセス』を口ずさむ程じゃった!」

 「それはブラインドを全開にして真夏の太陽を受けたくなりますね!!」


 「そして遂にワシにお土産が手渡された!」

   「ゴクリ・・・」  

 「それは・・・・・・・・

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 靴下だった

     111.jpg

 「うわあああああ!」

 「ワシは心の中で叫んだのじゃ! うちのタンスに靴下は一杯あるのじゃー!」

 「ワシは物凄い落胆を隠すので必死だった! が、にじみ出る悔しさは隠しようも無かった。」

  「そりゃそうですよ! 靴下を片手に喜んでウキウキしてる小学生なんて逆に不気味です!」 

 おばさんは追い討ちをかけこう言った!
 「あんたもプラモデルの方がいかったかねえ^^」

 ワシは心の中でそっと言った 「あたりめえだ!コンチキショー!」 


 と、お話はここまでじゃ! 

 「博士!さぞお辛かったことでしょう・・うう・・」

  「トルピー!おまえに貰った鹿の剥製、大事にするぞ! ありがとう!」
スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰で~すm(_ _)m

 ども!ご無沙汰しております。(覗いてはいたのですが、コメが出てきませんでした…(泣))

 さて、おば様はなぜに小3のいとこにプラモ、小4のトルピー(じんぎすかんさんがいつからトルピーに?)に靴下をプレゼントしたのか…

 いつぞや、靴下に穴が空いていたのを見てしまって、それが頭に残っていたため、靴下が良いと考えた…。

 ある時履いていた靴下が、おば様の好みでなかったため、自分の好みの靴下をプレゼントしたかった…。

 単にあの子には、靴下でいいか…と考えた…。

 本当はこの子は気に食わないから、何もあげたくなかったけど、取りあえず靴下くらいならやってもいいかな?と思った…。

 可愛い甥っ子にどーしても靴下をプレゼントして、履いてもらいたかった…。

……ナゼだ!ナゼ靴下だったんだ!(T_T)Whay?

  • 2008/08/05(火) 17:19:27 |
  • URL |
  • ロシナンテ #-
  • [ 編集]

お久しぶり~

コメできなかった   そうでしょうねえ。自分で見てもコメの書きようが無いもんばかり。コメしてくれる貴重なお方はロシナンテさんです。もう永遠にレス無いなあと思いました^^ あと剥製をプレゼントしたのがトルピーで靴下を貰ったのは博士です。なぜ靴下だったかは未だに謎です。靴下を貰って喜ぶ小学生の芝居はどんな名優でも難しいでしょうねえ・・・

  • 2008/08/05(火) 22:49:10 |
  • URL |
  • じんぎすかん #GMs.CvUw
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torupi.blog116.fc2.com/tb.php/31-472b9422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。