トルピー日誌 

日常は幸せに囲まれている!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童話を書くぞ!


 「う~ん、・・・・・・」 b2.jpg


「なにやらここ最近机に向かいっぱなしだな。 珍しい!」

 「やった~~~!!!」

 「ついに完成しました。僕の初、童話です!」

b3.jpg

 「なに?コジカ君物語?」
 「はい!僕が幻の小鹿と出会い、共に生きることにより大人への階段を昇る「君はまだシンデレラさ!」というメッセージが隠された感動メルヘン大作です!」

 
 「なんだか良く判らんが読んでくれんか?」

 「判りました!ただし、感動で泣き過ぎないで下さいよ!」

 「はいはい・・・・」

 

 「コジカ君物語」

 ある日僕は森に落葉キノコを獲りに行ったのです。 それは少しでも食費を浮かせて家計を助けお母様に喜んで貰いたかったからです。 でも森の中はちょっと恐い。「こんばんは~ 森進一です・・」と一人ギャグを言いました。でもやっぱり恐さのせいで笑えませんでした。

 普通であれば「森進一です~」なんて言えば大爆笑で体が震え熱が上がり立っては居られないくらいのギャグなのに・・・ (そうかあ?)


 歩いていくと異様に光り輝くタマゴがあったのです。

b4.jpg

 僕はそれを持って帰りました。正直言うともしかして中に金でも入ってるんじゃないかと考えたのです。今、金相場も上がっており、グラム2500円で売れるという情報をカエルちゃんから聞いてたのです。 (どういう友達なんだ・・・・)
 


しばらくするとタマゴにヒビが入ってきました。 そして遂にタマゴが割れたのです!

 b5.jpg

 中から小鹿が出てきました! うわ~!可愛い~~~!
 でも金では無かった落胆はそうとう大きく悔しさを堪えるのに精一杯でした。 私は悔しさで小鹿に八つ当たりしそうになりました。 (お前、ひでえ奴だなあ)

 小鹿は必死に立とうと震えていました。
 b6.jpg

 その姿はまさに生まれたての小鹿のようでした! (そりゃそうだろ!)

 小鹿は日に日に逞しくなりました。 強くなりすぎて少し可愛くなくなりました。 名前は「グレート」と名づけました。 まさしく「グレート小鹿」になったのです。

b7.jpg

 不良化した小鹿の「グレート」は悪友の大熊の「モトジ」とつるんで悪行を繰り返し人々から「極道コンビ」 と呼ばれ恐れられました。
b8.jpg

 2人は人々に塩を投げつけるなどの反則を繰り返し・・・・ 
 「もういいわ そのはなし!」 
スポンサーサイト

コメント

コジカ物語って童話じゃないじゃん!笑笑!
ならば、ワカマツというショー軍が、最強機械軍団を率いてこぶらとケンジの兄弟と戦ったり、拡声器でチョーシュウ小力と殴りあう話はどうだろう?そして芦別のカナディアンワールドの市議になるという立身出世の物語は、あすなろ物語より泣けると思うが・・泣けないか・・
なつかしの昭和プロレス・・ってアポロ菅原はどこいったんだ?鶴見五郎とか・・って国際プロの話か!
新日のメイン終わり間際の国際プロの乱入がなつかしい今日、このごろ。平成20年も、もうすぐ終わり。

  • 2008/12/04(木) 20:57:18 |
  • URL |
  • 私もシンゴ #-
  • [ 編集]

そういや

国際プロは昔、来たらしいよ。(地元の町に)昼の野外だったのでマットが焼けて、叩きつけられるレスラーは「あちち!」と逃げ回ったそうな。 それにしても若松はすごい。当時からKYワカマツと名乗り、まさに空気読めないワカマツだった。

  • 2008/12/06(土) 00:41:46 |
  • URL |
  • じんぎすかん #GMs.CvUw
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://torupi.blog116.fc2.com/tb.php/59-cef4e07f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。